地震対策の森(旧「防災対策.com」)は、いずれやってくるだろう首都直下地震、東海地震、東南海地震、南海地震などの大地震に備えるため、地震対策に関する総合的な情報を提供するサイトです。

 東日本大震災:2011年3月11日14時46分18秒(日本時間)、宮城県牡鹿半島沖を震源として、日本の観測史上最大のマグニチュード(Mw)9.0を記録した東日本大震災が発生しました。地震の揺れが収まった後には太平洋沿岸地区を大津波が襲い、死者行方不明者2万人を超える大きな被害をもたらしました。

阪神・淡路大震災:東日本大震災が発生する16年前の1995年1月17日5時46分26秒(日本時間)には、淡路島北部を震源としてマグニチュード(Mw)7.3を記録した阪神・淡路大震災(関西大震災)が発生しています。この地震でも6,400人を超える死者行方不明者、44,000人近い負傷者が出ました。

関東大震災:阪神・淡路大震災から更に70年さかのぼった1925年9月1日11時58分32秒(日本時間)には、神奈川県相模湾沖を震源としてマグニチュード(Mw)7.9を記録した関東大震災が起きて、10万5千人を超える死者行方不明者をもたらしました。

被害状況の違い:上の3つの大震災の被害状況には、そえぞれ大きな特徴があります。阪神・淡路大震災では、死者の80%が建物倒壊による圧死だったのに対して、東日本大震災では死者の90%が津波による水死でした。関東大震災では建物の倒壊や津波による被害もありましたが、死因の90%近くは火災によるものでした。揺れにも備えなければいけませんが、それだけでは十分な地震対策とはいえません。

地震後の混乱:地震の揺れ、火災、津波をしのいだとしても、大震災後には、それまで当然のように使っていた電気や水、ガスなどのライフラインが寸断されていたり、道路や公共交通機関などの交通機能が麻痺して、しばらくの間は食料や生活用品が手に入りづらくなります。

 備えあれば憂いなし:地震対策の森では、地震や地震後の混乱に備えるための情報を提供するとと同時に、管理人やスタッフが実際に使っている地震対策用の非常食や保存食、備蓄用品のご紹介もしています。「備えあれば憂いなし」です。

RSS 地震関連の最新ニュース

  • 都営地下鉄で巨大地震想定の訓練 - NHK 2014/10/23
    都営地下鉄で巨大地震想定の訓練NHK巨大地震が発生して地下鉄が脱線し、多数のけが人が出たという想定の訓練が都営地下鉄で行われ、乗務員らが乗客の避難誘導や復旧作業の手順などを確認しました。 訓練は江東区にある都営地下鉄の施設で行われ、都や東京消防庁の担当者などおよそ250人が参加しま ...
  • 韓国姑息…竹島に地震計設置、不法占拠正当化する宣伝工作 (1/2ページ) - ZAKZAK 2014/10/23
    韓国姑息…竹島に地震計設置、不法占拠正当化する宣伝工作 (1/2ページ)ZAKZAK韓国の地質資源研究院が近ごろ、日本固有の領土で、韓国が不法占拠を続けている島根県・竹島に地震計を設置した。韓国メディアが報じた。地震が少ないことで知られる同国だけに、設置した本当の目的は、竹島の不法占拠を正当化する「国際的な宣伝工作」との見方も強い。
  • 中越地震復興の象徴、ニシキゴイが「市の魚」に 2014年10月23日 15時11分 - 読売新聞 2014/10/23
    読売新聞中越地震復興の象徴、ニシキゴイが「市の魚」に 2014年10月23日 15時11分読売新聞新潟県中越地震で大きな被害を受けた長岡市と小千谷市は、発生から10年にあたる23日、両市が発祥の地とされるニシキゴイを「市の魚」に制定した。 地震で養殖池などが壊滅的な被害を受けたが、震災後は海外に活路を見いだすなどして再生し、「復興の象徴」として選んだ。and more »
  • 3割の集落、地震や災害で孤立の恐れ 「通信」確保は半数 - 日本経済新聞 2014/10/23
    3割の集落、地震や災害で孤立の恐れ 「通信」確保は半数日本経済新聞中山間地や海に面した集落のうち、地震や土砂災害で交通が遮断され孤立の恐れがあるところが昨年末時点で約3割に上ることが、23日までの内閣府の調査で分かった。無線など外部との通信手段を確保している集落は半数程度で、生活用品や食料の備蓄も進んでいなかった ...災害時孤立のおそれ 山間部集落1万7000余NHK19160集落が災害時に孤立の可能性日テレNEWS24孤立集落:1万9000 情報通信手段、半数が「なし」毎日新聞読売テレビ NEWS&WEATHERall 29 news articles »
  • 中越地震10年、生還の少年12歳に 「命救う仕事を」 - 朝日新聞 2014/10/23
    朝日新聞中越地震10年、生還の少年12歳に 「命救う仕事を」朝日新聞68人が亡くなった新潟県中越地震から23日で10年。土砂崩れ現場から奇跡的に救出された少年は「人の命を救う仕事に就きたい」と願う。 2004年10月23日午後5時56分。地震発生直後、長岡市妙見町の県道脇の土砂が崩れ、県道を走っていた母子3人が乗ったワゴン車 ...新潟中越地震あすで10年 救出の2歳児に夢が芽生えていました。fnn-news.comあれから10年……中越地震で奇跡的に助かった男児が柔道に夢中マイナビニュースall 9 news articles »