地震対策の森(旧「防災対策.com」)は、いずれやってくるだろう首都直下地震、東海地震、東南海地震、南海地震などの大地震に備えるため、地震対策に関する総合的な情報を提供するサイトです。

 東日本大震災:2011年3月11日14時46分18秒(日本時間)、宮城県牡鹿半島沖を震源として、日本の観測史上最大のマグニチュード(Mw)9.0を記録した東日本大震災が発生しました。地震の揺れが収まった後には太平洋沿岸地区を大津波が襲い、死者行方不明者2万人を超える大きな被害をもたらしました。

阪神・淡路大震災:東日本大震災が発生する16年前の1995年1月17日5時46分26秒(日本時間)には、淡路島北部を震源としてマグニチュード(Mw)7.3を記録した阪神・淡路大震災(関西大震災)が発生しています。この地震でも6,400人を超える死者行方不明者、44,000人近い負傷者が出ました。

関東大震災:阪神・淡路大震災から更に70年さかのぼった1925年9月1日11時58分32秒(日本時間)には、神奈川県相模湾沖を震源としてマグニチュード(Mw)7.9を記録した関東大震災が起きて、10万5千人を超える死者行方不明者をもたらしました。

被害状況の違い:上の3つの大震災の被害状況には、そえぞれ大きな特徴があります。阪神・淡路大震災では、死者の80%が建物倒壊による圧死だったのに対して、東日本大震災では死者の90%が津波による水死でした。関東大震災では建物の倒壊や津波による被害もありましたが、死因の90%近くは火災によるものでした。揺れにも備えなければいけませんが、それだけでは十分な地震対策とはいえません。

地震後の混乱:地震の揺れ、火災、津波をしのいだとしても、大震災後には、それまで当然のように使っていた電気や水、ガスなどのライフラインが寸断されていたり、道路や公共交通機関などの交通機能が麻痺して、しばらくの間は食料や生活用品が手に入りづらくなります。

 備えあれば憂いなし:地震対策の森では、地震や地震後の混乱に備えるための情報を提供するとと同時に、管理人やスタッフが実際に使っている地震対策用の非常食や保存食、備蓄用品のご紹介もしています。「備えあれば憂いなし」です。

RSS 地震関連の最新ニュース

  • 21日の地震情報まとめ 有感地震は4回 - ハザードラボ 2018/10/21
    ニコニコニュース21日の地震情報まとめ 有感地震は4回ハザードラボ21日の国内の有感地震(震度1以上)は4回。最大震度は3。 国内の有感地震の一覧(21日) 【最大震度3】 午後8時02分ごろ発生 M4.4 震源 千葉県東方沖震源の深さ 約50キロ千葉県長南町などで震度3 神奈川県三浦市などで震度2 茨城県潮来市などで震度1 【最大震度2】千葉県北東部で震度3 津波の心配なし毎日新聞地震情報(震源・震度に関する情報)ニコニコニュース震度=気象庁発表(21日12時20分) :地震(小規模)沖縄タイムス佐賀新聞 -岩手日報all 116 news articles »
  • 被災文化財を後世に 熊本地震復興再生会議シンポ - 熊本日日新聞 2018/10/21
    熊本日日新聞被災文化財を後世に 熊本地震復興再生会議シンポ熊本日日新聞熊本日日新聞社は21日、熊本地震復興再生会議シンポジウム「被災文化財の現状とこれから」を熊本市の熊日本社で開いた。地震後から続く未指定文化財のレスキュー活動と、地域の歴史遺産を後世へ受け継いでいく意...​. 続きを読む ...
  • 週刊地震情報熊本地震の震源域で震度3が2回 - ウェザーニュース 2018/10/21
    ウェザーニュース週刊地震情報熊本地震の震源域で震度3が2回ウェザーニュース15日9時12分頃、熊本県天草・芦北地方を震源とするM4.1の地震が発生。熊本市や八代市、宇城市などで震度3を観測しました。そして19日5時6分頃にもほぼ同じ震源でM3.6の地震が発生し、宇城市で震度3を観測しています。いずれも熊本地震の震源域内で、余震と考え ...
  • 鳥取中部地震から2年 明日につなぐ(下) - 日本海新聞 2018/10/21
    鳥取中部地震から2年 明日につなぐ(下)日本海新聞鳥取中部地震から2年 明日につなぐ(下). 激しい揺れ、ぐちゃぐちゃになる店内―。倉吉市西町の人形店専務の平真(たいらまこと)さん(40)は「いよいよ会社員か」と一瞬頭をかすめたことを思い出して苦笑いする。 「人形を売るだけの店でなく、節句で培われてきた日本人の心を ...
  • ブログ:インドネシア地震、帰らぬ「最愛の人」を想う - ロイター 2018/10/20
    ロイターブログ:インドネシア地震、帰らぬ「最愛の人」を想うロイターインドネシア中部のスラウェシ島中部パル市で果物を売るカハルディンさん(40)の自宅は、先月28日のマグニチュード(M)7.5の地震で、ピンク色をしたコンクリートのがれきの山と化した。 カハルディンさんは自宅のあった同市バラロア地区で、がれきの山をじっと見つめ、下に ...and more »