地震対策の森(旧「防災対策.com」)は、いずれやってくるだろう首都直下地震、東海地震、東南海地震、南海地震などの大地震に備えるため、地震対策に関する総合的な情報を提供するサイトです。

 東日本大震災:2011年3月11日14時46分18秒(日本時間)、宮城県牡鹿半島沖を震源として、日本の観測史上最大のマグニチュード(Mw)9.0を記録した東日本大震災が発生しました。地震の揺れが収まった後には太平洋沿岸地区を大津波が襲い、死者行方不明者2万人を超える大きな被害をもたらしました。

阪神・淡路大震災:東日本大震災が発生する16年前の1995年1月17日5時46分26秒(日本時間)には、淡路島北部を震源としてマグニチュード(Mw)7.3を記録した阪神・淡路大震災(関西大震災)が発生しています。この地震でも6,400人を超える死者行方不明者、44,000人近い負傷者が出ました。

関東大震災:阪神・淡路大震災から更に70年さかのぼった1925年9月1日11時58分32秒(日本時間)には、神奈川県相模湾沖を震源としてマグニチュード(Mw)7.9を記録した関東大震災が起きて、10万5千人を超える死者行方不明者をもたらしました。

被害状況の違い:上の3つの大震災の被害状況には、そえぞれ大きな特徴があります。阪神・淡路大震災では、死者の80%が建物倒壊による圧死だったのに対して、東日本大震災では死者の90%が津波による水死でした。関東大震災では建物の倒壊や津波による被害もありましたが、死因の90%近くは火災によるものでした。揺れにも備えなければいけませんが、それだけでは十分な地震対策とはいえません。

地震後の混乱:地震の揺れ、火災、津波をしのいだとしても、大震災後には、それまで当然のように使っていた電気や水、ガスなどのライフラインが寸断されていたり、道路や公共交通機関などの交通機能が麻痺して、しばらくの間は食料や生活用品が手に入りづらくなります。

 備えあれば憂いなし:地震対策の森では、地震や地震後の混乱に備えるための情報を提供するとと同時に、管理人やスタッフが実際に使っている地震対策用の非常食や保存食、備蓄用品のご紹介もしています。「備えあれば憂いなし」です。

RSS 地震関連の最新ニュース

  • 光回線を地震センサーにする技術、スタンフォード大学が開発。複数の地震波を見分けて送信 - Engadget 日本版 2017/10/23
    Engadget 日本版光回線を地震センサーにする技術、スタンフォード大学が開発。複数の地震波を見分けて送信Engadget 日本版地震を検知するには、日本では一般的に市役所などの敷地内にひっそりと設置されている地震計が用いられています。しかし、未来の地震検出はいまよりも遥かに数多く、いたるところで"センサーネットワーク"を構築しているかもしれません。 米スタンフォード大学の研究チームが ...
  • 熊本地震語り継ぐカレー店 南阿蘇で開店 - 日本経済新聞 2017/10/23
    熊本地震語り継ぐカレー店 南阿蘇で開店日本経済新聞熊本地震で被災し大半の住民が他地域で仮住まいをしている熊本県南阿蘇村の黒川地区で、今春開店したカレー店店主の男性(74)が訪れた観光客らに被害を語り継いでいる。「風化を防ぎたい」と被災現場の案内もしている。 店名は「復興カレーまどか」。店主の佐野徳正さん ...
  • 熊本地震被災者の暮らし託せる人に託したい-自宅全壊の高校生 - 産経ニュース 2017/10/22
    熊本地震被災者の暮らし託せる人に託したい-自宅全壊の高校生産経ニュース熊本地震で自宅が全壊し、熊本市のみなし仮設住宅に家族と住む高校生の矢野明子さん(18)は昼すぎ、自宅があった熊本県益城町の投票所を緊張した面持ちで訪れた。町は再建途上。家屋の解体であちこちに更地が目立ち、道路は凸凹のままだ。「被災者の暮らしを第一に ...
  • 地震の発生周期と石英脈の形成時間との関連を発見 東北大学など - 大学ジャーナルオンライン 2017/10/22
    大学ジャーナルオンライン地震の発生周期と石英脈の形成時間との関連を発見 東北大学など大学ジャーナルオンライン産業技術総合研究所と東北大学は、地震を生じる断層周辺の岩石の亀裂内で石英が析出する時間を算出する新しい計算モデルを開発。このモデルにより算出した石英脈形成時間が、地震の繰り返し周期と一致することを発見した。地震発生周期の予測などに役立つと期待される ...
  • 【クローズアップ科学】深部の地震は岩石の溶融が引き金だった 愛媛大 ... - 産経ニュース 2017/10/22
    産経ニュース【クローズアップ科学】深部の地震は岩石の溶融が引き金だった 愛媛大 ...産経ニュース日本に被害をもたらす大地震は内陸の直下型や、東日本大震災のような海側のプレート(岩板)境界型が知られるが、もっと深い場所で起きる場合もある。こうした地震の ...and more »