地震対策の森(旧「防災対策.com」)は、いずれやってくるだろう首都直下地震、東海地震、東南海地震、南海地震などの大地震に備えるため、地震対策に関する総合的な情報を提供するサイトです。

 東日本大震災:2011年3月11日14時46分18秒(日本時間)、宮城県牡鹿半島沖を震源として、日本の観測史上最大のマグニチュード(Mw)9.0を記録した東日本大震災が発生しました。地震の揺れが収まった後には太平洋沿岸地区を大津波が襲い、死者行方不明者2万人を超える大きな被害をもたらしました。

阪神・淡路大震災:東日本大震災が発生する16年前の1995年1月17日5時46分26秒(日本時間)には、淡路島北部を震源としてマグニチュード(Mw)7.3を記録した阪神・淡路大震災(関西大震災)が発生しています。この地震でも6,400人を超える死者行方不明者、44,000人近い負傷者が出ました。

関東大震災:阪神・淡路大震災から更に70年さかのぼった1925年9月1日11時58分32秒(日本時間)には、神奈川県相模湾沖を震源としてマグニチュード(Mw)7.9を記録した関東大震災が起きて、10万5千人を超える死者行方不明者をもたらしました。

被害状況の違い:上の3つの大震災の被害状況には、そえぞれ大きな特徴があります。阪神・淡路大震災では、死者の80%が建物倒壊による圧死だったのに対して、東日本大震災では死者の90%が津波による水死でした。関東大震災では建物の倒壊や津波による被害もありましたが、死因の90%近くは火災によるものでした。揺れにも備えなければいけませんが、それだけでは十分な地震対策とはいえません。

地震後の混乱:地震の揺れ、火災、津波をしのいだとしても、大震災後には、それまで当然のように使っていた電気や水、ガスなどのライフラインが寸断されていたり、道路や公共交通機関などの交通機能が麻痺して、しばらくの間は食料や生活用品が手に入りづらくなります。

 備えあれば憂いなし:地震対策の森では、地震や地震後の混乱に備えるための情報を提供するとと同時に、管理人やスタッフが実際に使っている地震対策用の非常食や保存食、備蓄用品のご紹介もしています。「備えあれば憂いなし」です。

RSS 地震関連の最新ニュース

  • 山古志の元気、東北の希望に 新潟県中越地震から10年 - 朝日新聞 2014/10/20
    朝日新聞山古志の元気、東北の希望に 新潟県中越地震から10年朝日新聞中越地震で被害が大きかった地域の一つ、旧山古志村(現新潟県長岡市)。山古志闘牛会の松井治二会長(74)は、闘牛場近くの牛舎で、えさをやりながら話した。山古志で開かれる国指定重要無形民俗文化財の闘牛「牛の角突き」は今年、地震発生に一番近い19日の大会 ...中越地震の教訓 次代へ新潟日報中越地震10年 被災地を巡るバスツアーNHK[中越地震10年]角突きで支援感謝 2014年10月20日読売新聞毎日新聞 -日テレNEWS24 -産経ニュースall 15 news articles »
  • 自治体訓練にオスプレイ初参加 南海トラフ地震を想定 - ZAKZAK 2014/10/20
    朝日新聞自治体訓練にオスプレイ初参加 南海トラフ地震を想定ZAKZAK米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の新型輸送機MV22オスプレイ2機が19日、南海トラフ巨大地震を想定した和歌山県の津波災害対応訓練に参加した。自治体主催の防災訓練に使用されるのは初。海上自衛隊の護衛艦に着艦し、自衛隊との一体化もアピールした。和歌山県が南海トラフ地震の津波対応訓練 オスプレイも参加日本経済新聞宮崎)南海トラフ巨大地震に備え、県総合防災訓練朝日新聞自治体訓練にオスプレイ初参加 南海トラフ地震想定中日新聞all 65 news articles »
  • 日米の地震学者らが山元・旧中浜小を視察 - 河北新報 2014/10/20
    日米の地震学者らが山元・旧中浜小を視察河北新報町は旧校舎を震災遺構として保存する方向で検討している。参加した米地質調査所の地震学者ウイリアム・エルスワースさん(66)は「児童らが屋上へ垂直避難して助かったのは重要な教訓になる。米国も地震が多く、経験を後世に生かすために保全は重要だ」と理解を示した。
  • 大地震想定し避難や救助 - 中日新聞 2014/10/20
    大地震想定し避難や救助中日新聞長浜市の総合防災訓練が十九日、市内各所であり、住民や関係機関が早朝から不測の事態に備えた。 午前七時、市の北東部を通る柳ケ瀬・関ケ原断層帯を震源とする震度7の地震が発生したとの想定。住民は各自治会で定められた一時避難場所へ集合したり、自主防災活動 ...
  • 緊急地震速報のテロップ、1分間誤放送…KBC - 読売新聞 2014/10/19
    緊急地震速報のテロップ、1分間誤放送…KBC読売新聞同社によると、午後8時49分から1分間、「福岡北西沖で地震。強い揺れのおそれ福岡県・佐賀県」のテロップを流した。放送エリアは主に福岡、佐賀県。約20分後に訂正とおわびのテロップを流した。 同社は原因について、「地震速報の情報を送り出す機器の動作確認の際に、 ...番組中に誤って「緊急地震速報」の字幕NHK九州朝日放送、緊急地震速報テロップを誤表示 テスト用だった…スポーツニッポン九州ローカル局が緊急地震速報を誤放送 福岡と佐賀で地震予測検証 / 防災情報 ハザードラボall 8 news articles »