地震対策の森(旧「防災対策.com」)は、いずれやってくるだろう首都直下地震、東海地震、東南海地震、南海地震などの大地震に備えるため、地震対策に関する総合的な情報を提供するサイトです。

 東日本大震災:2011年3月11日14時46分18秒(日本時間)、宮城県牡鹿半島沖を震源として、日本の観測史上最大のマグニチュード(Mw)9.0を記録した東日本大震災が発生しました。地震の揺れが収まった後には太平洋沿岸地区を大津波が襲い、死者行方不明者2万人を超える大きな被害をもたらしました。

阪神・淡路大震災:東日本大震災が発生する16年前の1995年1月17日5時46分26秒(日本時間)には、淡路島北部を震源としてマグニチュード(Mw)7.3を記録した阪神・淡路大震災(関西大震災)が発生しています。この地震でも6,400人を超える死者行方不明者、44,000人近い負傷者が出ました。

関東大震災:阪神・淡路大震災から更に70年さかのぼった1925年9月1日11時58分32秒(日本時間)には、神奈川県相模湾沖を震源としてマグニチュード(Mw)7.9を記録した関東大震災が起きて、10万5千人を超える死者行方不明者をもたらしました。

被害状況の違い:上の3つの大震災の被害状況には、そえぞれ大きな特徴があります。阪神・淡路大震災では、死者の80%が建物倒壊による圧死だったのに対して、東日本大震災では死者の90%が津波による水死でした。関東大震災では建物の倒壊や津波による被害もありましたが、死因の90%近くは火災によるものでした。揺れにも備えなければいけませんが、それだけでは十分な地震対策とはいえません。

地震後の混乱:地震の揺れ、火災、津波をしのいだとしても、大震災後には、それまで当然のように使っていた電気や水、ガスなどのライフラインが寸断されていたり、道路や公共交通機関などの交通機能が麻痺して、しばらくの間は食料や生活用品が手に入りづらくなります。

 備えあれば憂いなし:地震対策の森では、地震や地震後の混乱に備えるための情報を提供するとと同時に、管理人やスタッフが実際に使っている地震対策用の非常食や保存食、備蓄用品のご紹介もしています。「備えあれば憂いなし」です。

RSS 地震関連の最新ニュース

  • 中国南西部でマグニチュード5.5の地震 - VOR ロシアの声 2015/03/01
    大紀元中国南西部でマグニチュード5.5の地震VOR ロシアの声中国南西部・雲南省滄源ワ族自治県で、マグニチュード5.5の地震があった。新華社通信が伝えた。 地震があったのは現地時間で18時24分(モスクワ時間で13時24分)。震源地は、北緯23・5度、東経98.9度、震源の深さは11キロだった。 今のところ、犠牲者や建物の倒壊 ...中国雲南省でM5.5地震 けが人も大紀元雲南省滄源県でM5.5の地震、20人が負傷中国国際放送all 3 news articles »
  • インドネシア東部 1日で2回の地震 - VOR ロシアの声 2015/03/01
    インドネシア東部 1日で2回の地震VOR ロシアの声リヒター・スケールでマグニチュード5.6の地震の震源地は、北スラウェシ州東ボラアン・モンゴンド地区から南東に89キロ、震源の深さは、モルッカ海の表面から下10キロだった。 3月1日にかけての深夜に起こった地震の規模は、リヒター・スケールでマグニチュード5.0、震源地 ...
  • 大地震想定住民が訓練 鹿島・東部中学校 2015年03月01日 - 読売新聞 2015/02/28
    大地震想定住民が訓練 鹿島・東部中学校 2015年03月01日読売新聞東日本大震災(3月11日)から4年になるのを前に、鹿島市の東部中学校で28日、大地震を想定した防災訓練と、避難施設の説明会が行われた。 市は総額約10億7000万円をかけ、東部中の避難所機能を充実させるための改修工事を昨年末に終了。約700人分の非常食や ...
  • ナガスクジラの声 海底地震計で捉えた - NHK 2015/02/28
    ナガスクジラの声 海底地震計で捉えたNHK地震の分析などを行っている海洋研究開発機構の岩瀬良一上席技術研究員は、海域で起きる地震をいち早く検知するために北海道の東の沖合の海底に設置されている海底地震計で、冬になると人間には聞こえないほどの低い周波数の「ノイズ」が増えることに注目し、詳しく ...
  • 都の災害時燃料、備蓄されず 直下地震向け3億円分 - 日本経済新聞 2015/02/28
    都の災害時燃料、備蓄されず 直下地震向け3億円分日本経済新聞東京都が首都直下地震に備え、全国に先駆けて導入した「ランニングストック(流通在庫備蓄)」方式として、石油小売業者の組合からあらかじめ購入した形となっている3億3700万円分の災害時用燃料が、実際には備蓄されていない状態にあることが関係者への取材で分かった。