地震対策の森(旧「防災対策.com」)は、いずれやってくるだろう首都直下地震、東海地震、東南海地震、南海地震などの大地震に備えるため、地震対策に関する総合的な情報を提供するサイトです。

 東日本大震災:2011年3月11日14時46分18秒(日本時間)、宮城県牡鹿半島沖を震源として、日本の観測史上最大のマグニチュード(Mw)9.0を記録した東日本大震災が発生しました。地震の揺れが収まった後には太平洋沿岸地区を大津波が襲い、死者行方不明者2万人を超える大きな被害をもたらしました。

阪神・淡路大震災:東日本大震災が発生する16年前の1995年1月17日5時46分26秒(日本時間)には、淡路島北部を震源としてマグニチュード(Mw)7.3を記録した阪神・淡路大震災(関西大震災)が発生しています。この地震でも6,400人を超える死者行方不明者、44,000人近い負傷者が出ました。

関東大震災:阪神・淡路大震災から更に70年さかのぼった1925年9月1日11時58分32秒(日本時間)には、神奈川県相模湾沖を震源としてマグニチュード(Mw)7.9を記録した関東大震災が起きて、10万5千人を超える死者行方不明者をもたらしました。

被害状況の違い:上の3つの大震災の被害状況には、そえぞれ大きな特徴があります。阪神・淡路大震災では、死者の80%が建物倒壊による圧死だったのに対して、東日本大震災では死者の90%が津波による水死でした。関東大震災では建物の倒壊や津波による被害もありましたが、死因の90%近くは火災によるものでした。揺れにも備えなければいけませんが、それだけでは十分な地震対策とはいえません。

地震後の混乱:地震の揺れ、火災、津波をしのいだとしても、大震災後には、それまで当然のように使っていた電気や水、ガスなどのライフラインが寸断されていたり、道路や公共交通機関などの交通機能が麻痺して、しばらくの間は食料や生活用品が手に入りづらくなります。

 備えあれば憂いなし:地震対策の森では、地震や地震後の混乱に備えるための情報を提供するとと同時に、管理人やスタッフが実際に使っている地震対策用の非常食や保存食、備蓄用品のご紹介もしています。「備えあれば憂いなし」です。

RSS 地震関連の最新ニュース

  • 両陛下、北海道へ出発 地震被災者お見舞い - 日本経済新聞 2018/11/15
    毎日新聞両陛下、北海道へ出発 地震被災者お見舞い日本経済新聞北海道地震の被災地を見舞うため、天皇、皇后両陛下は15日午前、羽田発の特別機で北海道に向け出発された。新千歳空港に到着後、マイクロバスに乗り換え、震度7を観測し土砂崩れで多くの犠牲者が出た厚真町に入られる。被災者にお見舞いの言葉を直接かけるほか、 ...両陛下、地震被災地お見舞いで北海道入り産経ニュースall 8 news articles »
  • シングルは北海道地震で何に困った?どう備えればいい?「地震は在宅避難が基本」と専門家 - BUSINESS INSIDER JAPAN 2018/11/15
    BUSINESS INSIDER JAPANシングルは北海道地震で何に困った?どう備えればいい?「地震は在宅避難が基本」と専門家BUSINESS INSIDER JAPAN東日本大震災、熊本地震、北海道胆振東部地震と、ここ数年、大きな地震が起きている。避難生活に関連して、妊産婦や小さな子どもがいる人、高齢者、身体障がい者への配慮に関する報道を目にすることも増えた。 ただし、元気で身軽に動けそうと思われがちな単身者( ...
  • 北海道胆振東部地震に人工地震の可能性と指摘 二酸化炭素を海底に圧縮する試み要因か - ニフティニュース 2018/11/14
    ニフティニュース北海道胆振東部地震に人工地震の可能性と指摘 二酸化炭素を海底に圧縮する試み要因かニフティニュース9月6日に発生し、甚大な被害をもたらした北海道胆振東部地震。今回の地震について、筆者は決して看過することのできない事実に気づいてしまった。実は震源が、地中で「二酸化炭素回収・貯留(CCS)」の実証実験が行われている苫小牧CCSにかなり近いのだ。この事実が ...and more »
  • カムチャッカ沖でM6.5の地震 - Sputnik 日本 2018/11/14
    Sputnik 日本カムチャッカ沖でM6.5の地震Sputnik 日本カムチャッカ半島東部の沖合で15日、マグニチュード6.5の地震が発生した。ロシア科学アカデミー地球物理学局カムチャッカ支部が報じた。 スプートニク日本. 震源はウスチ・カムチャツクから南に78キロの地点。震源の深さは76.2キロ。 死傷者、および建物の倒壊等の情報は ...and more »
  • ちきゅう、プレート境界断層へ 大地震懸念の南海トラフ、海底下5200メートル掘削計画 - 毎日新聞 2018/11/14
    毎日新聞ちきゅう、プレート境界断層へ 大地震懸念の南海トラフ、海底下5200メートル掘削計画毎日新聞フィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に沈み込む境目で、90~150年おきに大地震を起こしてきた。プレート境界の断層がのりでくっついたように動かず、ひずみをため込んでいる場所は「固着域」と呼ばれる。ひずみが大きくなり、耐えきれずに固着域がずれ動くときに大 ...