地震対策の森(旧「防災対策.com」)は、いずれやってくるだろう首都直下地震、東海地震、東南海地震、南海地震などの大地震に備えるため、地震対策に関する総合的な情報を提供するサイトです。

 東日本大震災:2011年3月11日14時46分18秒(日本時間)、宮城県牡鹿半島沖を震源として、日本の観測史上最大のマグニチュード(Mw)9.0を記録した東日本大震災が発生しました。地震の揺れが収まった後には太平洋沿岸地区を大津波が襲い、死者行方不明者2万人を超える大きな被害をもたらしました。

阪神・淡路大震災:東日本大震災が発生する16年前の1995年1月17日5時46分26秒(日本時間)には、淡路島北部を震源としてマグニチュード(Mw)7.3を記録した阪神・淡路大震災(関西大震災)が発生しています。この地震でも6,400人を超える死者行方不明者、44,000人近い負傷者が出ました。

関東大震災:阪神・淡路大震災から更に70年さかのぼった1925年9月1日11時58分32秒(日本時間)には、神奈川県相模湾沖を震源としてマグニチュード(Mw)7.9を記録した関東大震災が起きて、10万5千人を超える死者行方不明者をもたらしました。

被害状況の違い:上の3つの大震災の被害状況には、そえぞれ大きな特徴があります。阪神・淡路大震災では、死者の80%が建物倒壊による圧死だったのに対して、東日本大震災では死者の90%が津波による水死でした。関東大震災では建物の倒壊や津波による被害もありましたが、死因の90%近くは火災によるものでした。揺れにも備えなければいけませんが、それだけでは十分な地震対策とはいえません。

地震後の混乱:地震の揺れ、火災、津波をしのいだとしても、大震災後には、それまで当然のように使っていた電気や水、ガスなどのライフラインが寸断されていたり、道路や公共交通機関などの交通機能が麻痺して、しばらくの間は食料や生活用品が手に入りづらくなります。

 備えあれば憂いなし:地震対策の森では、地震や地震後の混乱に備えるための情報を提供するとと同時に、管理人やスタッフが実際に使っている地震対策用の非常食や保存食、備蓄用品のご紹介もしています。「備えあれば憂いなし」です。

RSS 地震関連の最新ニュース

  • 被災住民、迫る雨雪に不安 長野県神城断層地震 - 朝日新聞 2014/11/25
    朝日新聞被災住民、迫る雨雪に不安 長野県神城断層地震朝日新聞長野県北部を襲った震度6弱の地震は、家屋に大きな爪痕を残した。被害が集中した長野県白馬村では、住民が迫る雨雪への対応に追われた。自治体は宿泊施設の借り上げなどで、早期の生活再建を目指す。 家屋の被害が最も大きかった白馬村堀之内地区のホテル経営 ...and more »
  • 長野県で起きた地震を予言? 2ちゃんねるの謎投稿が話題に - livedoor 2014/11/25
    長野県で起きた地震を予言? 2ちゃんねるの謎投稿が話題にlivedoorネット上では、しばしば予知夢や予言などについて話題となることもしばしばだが、先頃、発生した長野県の地震について、今年10月下旬に「予言」と思しき内容が、2ちゃんねるなどに投稿されたとして、現在、話題となっている。 これは『(´^A^)予言、預言、予知夢、直感など ...and more »
  • 地震で大きな被害受けた白馬村の児童が初登校 - NHK 2014/11/25
    毎日新聞地震で大きな被害受けた白馬村の児童が初登校NHK今月22日に長野県北部で震度6弱の激しい揺れを観測した地震で、住宅が壊れるなどの被害が集中した白馬村の小学校では25日朝、子どもたちが地震のあと初めて登校しました。 このうち白馬南小学校では、校舎などに大きな被害はなく、子どもたちが地区ごとに集まって、雨 ...長野北部地震:「寄り添い、乗り切ろう」 避難所から初登校毎日新聞all 4 news articles »
  • 「地震死亡ゼロ」白馬…秘訣は細かい村の地図 - 中央日報 2014/11/24
    「地震死亡ゼロ」白馬…秘訣は細かい村の地図中央日報22日夜に日本の長野県北部で発生したマグニチュード6.7の地震で、たった1人の死亡者も発生していないことが注目されている。今回の地震で全壊・半壊した住宅が54軒に達した。24日現在、重傷者7人を含め負傷者41人と把握されている。地震の規模も大きかったが、震源 ...地区連絡網が安否確認と救助に効果 地震被害の白馬村日本経済新聞県北部地震 広域消防10人出動、白馬で住民の安否確認ミナミシンシュウ.jpall 5 news articles »
  • 長野北部地震 白馬村 全員を救出 - 東京新聞 2014/11/24
    東京新聞長野北部地震 白馬村 全員を救出東京新聞地震発生直後、会社役員の柏原輝久さん(61)は、近所で倒壊した住宅に七十代の父親と四十代の娘がはさまれていると聞いて駆け付けた。「大丈夫か」と励ましながら、住民らと協力してがれきを除き、二人とも無事に救出。近くに住む目が不自由な一人暮らしのお年寄りの女性 ...「救え」闇夜の奮闘 長野北部地震、村民一丸で犠牲ゼロ日本経済新聞all 6 news articles »