地震対策の森(旧「防災対策.com」)は、いずれやってくるだろう首都直下地震、東海地震、東南海地震、南海地震などの大地震に備えるため、地震対策に関する総合的な情報を提供するサイトです。

 東日本大震災:2011年3月11日14時46分18秒(日本時間)、宮城県牡鹿半島沖を震源として、日本の観測史上最大のマグニチュード(Mw)9.0を記録した東日本大震災が発生しました。地震の揺れが収まった後には太平洋沿岸地区を大津波が襲い、死者行方不明者2万人を超える大きな被害をもたらしました。

阪神・淡路大震災:東日本大震災が発生する16年前の1995年1月17日5時46分26秒(日本時間)には、淡路島北部を震源としてマグニチュード(Mw)7.3を記録した阪神・淡路大震災(関西大震災)が発生しています。この地震でも6,400人を超える死者行方不明者、44,000人近い負傷者が出ました。

関東大震災:阪神・淡路大震災から更に70年さかのぼった1925年9月1日11時58分32秒(日本時間)には、神奈川県相模湾沖を震源としてマグニチュード(Mw)7.9を記録した関東大震災が起きて、10万5千人を超える死者行方不明者をもたらしました。

被害状況の違い:上の3つの大震災の被害状況には、そえぞれ大きな特徴があります。阪神・淡路大震災では、死者の80%が建物倒壊による圧死だったのに対して、東日本大震災では死者の90%が津波による水死でした。関東大震災では建物の倒壊や津波による被害もありましたが、死因の90%近くは火災によるものでした。揺れにも備えなければいけませんが、それだけでは十分な地震対策とはいえません。

地震後の混乱:地震の揺れ、火災、津波をしのいだとしても、大震災後には、それまで当然のように使っていた電気や水、ガスなどのライフラインが寸断されていたり、道路や公共交通機関などの交通機能が麻痺して、しばらくの間は食料や生活用品が手に入りづらくなります。

 備えあれば憂いなし:地震対策の森では、地震や地震後の混乱に備えるための情報を提供するとと同時に、管理人やスタッフが実際に使っている地震対策用の非常食や保存食、備蓄用品のご紹介もしています。「備えあれば憂いなし」です。

RSS 地震関連の最新ニュース

  • 熊本地震 佐賀発ボランティアツアー体験記 - 佐賀新聞 2016/06/30
    佐賀新聞熊本地震 佐賀発ボランティアツアー体験記佐賀新聞4月中旬の熊本地震から2カ月半。被災地NGO協働センター(兵庫県神戸市)が26日に実施した佐賀発の「ボランティアバスツアー」に加わり、熊本県西原村で復旧作業を手伝った。生活再建がままならない被災者の苦悩と、支援に一歩を踏み出した人たちの思いにも触れた。
  • 福祉避難所、4分の3使えず 熊本地震 - 朝日新聞 2016/06/29
    朝日新聞福祉避難所、4分の3使えず 熊本地震朝日新聞熊本地震で、災害時に高齢者や障害者を受け入れるために指定されている熊本県内の福祉避難所のうち、発生1カ月半後の6月1日時点で受け入れ可能と確認できた施設は115カ所で、全体の4分の1だった。4分の3は、受け入れ態勢が整っていなかったか、受け入れ可能か ...
  • 地震に強い…被害わずか、600人避難 - 毎日新聞 2016/06/29
    毎日新聞地震に強い…被害わずか、600人避難毎日新聞熊本地震で被災した熊本県南阿蘇村にある健康テーマパーク「阿蘇ファームランド」内の宿泊施設「ドームハウス」の防災機能の高さに注目が集まっている。同村では地震で4600棟超の建物が損壊したが、菓子の「まんじゅう」から着想を得た特殊発泡スチロール製の半球形 ...
  • 「糸静線動く」対策急げ 松本地震、30日で丸5年 - 中日新聞 2016/06/29
    「糸静線動く」対策急げ 松本地震、30日で丸5年中日新聞松本市南部を震源に発生した「松本地震」から三十日で丸五年になる。全国では震度7の巨大地震が相次いでおり、市を含む県中北部でもM7・6程度の地震が三十年以内に発生する確率は最大30%とみられている。市は前回の地震を上回る巨大地震を見据えた対策を進めて ...
  • 東京)「いまできること」考える 熊本地震報道写真展 - asahi.com 2016/06/29
    東京)「いまできること」考える 熊本地震報道写真展asahi.comチャリティー写真展「熊本地震報道写真展~いま私たちができること」が中央区の朝日新聞東京本社で開かれている。前震・本震で大きく損なわれたライフラインや文化財、救援活動やボランティア活動の様子など、取材の最前線で撮影された数千枚から選んだ30点余りの写真が ...