地震対策の森(旧「防災対策.com」)は、いずれやってくるだろう首都直下地震、東海地震、東南海地震、南海地震などの大地震に備えるため、地震対策に関する総合的な情報を提供するサイトです。

 東日本大震災:2011年3月11日14時46分18秒(日本時間)、宮城県牡鹿半島沖を震源として、日本の観測史上最大のマグニチュード(Mw)9.0を記録した東日本大震災が発生しました。地震の揺れが収まった後には太平洋沿岸地区を大津波が襲い、死者行方不明者2万人を超える大きな被害をもたらしました。

阪神・淡路大震災:東日本大震災が発生する16年前の1995年1月17日5時46分26秒(日本時間)には、淡路島北部を震源としてマグニチュード(Mw)7.3を記録した阪神・淡路大震災(関西大震災)が発生しています。この地震でも6,400人を超える死者行方不明者、44,000人近い負傷者が出ました。

関東大震災:阪神・淡路大震災から更に70年さかのぼった1925年9月1日11時58分32秒(日本時間)には、神奈川県相模湾沖を震源としてマグニチュード(Mw)7.9を記録した関東大震災が起きて、10万5千人を超える死者行方不明者をもたらしました。

被害状況の違い:上の3つの大震災の被害状況には、そえぞれ大きな特徴があります。阪神・淡路大震災では、死者の80%が建物倒壊による圧死だったのに対して、東日本大震災では死者の90%が津波による水死でした。関東大震災では建物の倒壊や津波による被害もありましたが、死因の90%近くは火災によるものでした。揺れにも備えなければいけませんが、それだけでは十分な地震対策とはいえません。

地震後の混乱:地震の揺れ、火災、津波をしのいだとしても、大震災後には、それまで当然のように使っていた電気や水、ガスなどのライフラインが寸断されていたり、道路や公共交通機関などの交通機能が麻痺して、しばらくの間は食料や生活用品が手に入りづらくなります。

 備えあれば憂いなし:地震対策の森では、地震や地震後の混乱に備えるための情報を提供するとと同時に、管理人やスタッフが実際に使っている地震対策用の非常食や保存食、備蓄用品のご紹介もしています。「備えあれば憂いなし」です。

RSS 地震関連の最新ニュース

  • 20日の大分震度5強は「南海トラフ巨大地震」の前兆か!? データ&予言多数、2年以内にM9発生でオリンピックも中止!! - TOCANA (風刺記事) (プレスリリース) 2017/06/23
    TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)20日の大分震度5強は「南海トラフ巨大地震」の前兆か!? データ&予言多数、2年以内にM9発生でオリンピックも中止!!TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)5月20日夜、九州・大分県と四国・愛媛県に挟まれた豊後(ぶんご)水道でM5.0、最大震度5弱の地震が発生した。実は今月上旬に「ユメゴンドウ」というイルカ7頭が宮崎市の海岸に漂着した際、筆者はブログ上で地震の発生を予測していた。 そして今、この地震が「さらなる巨大 ...
  • 【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】ないがしろにされたハワイの地震対策 戦後に観光客が急増…業者の圧力で耐震基準ナシに - ZAKZAK 2017/06/23
    【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】ないがしろにされたハワイの地震対策 戦後に観光客が急増…業者の圧力で耐震基準ナシにZAKZAK日本人の海外旅行で人気のハワイ。高層ホテルが立ち並ぶワイキキは、年中、日本人であふれている。 だが、ここには地球物理学者が知っていて、観光客が知らない危険がある。 それは、ホノルルのビルには耐震基準がないことだ。ここには地震に耐えるように作られていない ...
  • <熊本地震>支援派遣職員に感謝 栗原市訪問 - 河北新報 2017/06/23
    河北新報<熊本地震>支援派遣職員に感謝 栗原市訪問河北新報昨年4月の熊本地震で大きな被害を受けた熊本県南阿蘇村の野崎真司副村長が22日、宮城県栗原市役所を訪ね、地震直後から同市が続けた職員派遣などの支援に感謝を述べた。 開会中の市議会などを訪ねた野崎副村長は「栗原市には早い段階から職員を派遣してもらった ...
  • 熊本地震 地割れそのまま、雑草一面に 戻らぬ農地 業者不足 工事後回し - 日本農業新聞 2017/06/22
    熊本地震 地割れそのまま、雑草一面に 戻らぬ農地 業者不足 工事後回し日本農業新聞2016年4月に発生した熊本地震で被災した農地の復旧が進まず、農家が焦りを募らせている。来年も作付けできない恐れが強まる水田もあり、震災の発生年を含め3年連続で営農できない農家が出そうだ。熊本県によると、工事を担う業者の不足が響き、昨年度末までに復旧 ...
  • 地震被害ビル 状況再現 救助訓練向け装置開発 高知の官民 - 日本経済新聞 2017/06/22
    中日新聞地震被害ビル 状況再現 救助訓練向け装置開発 高知の官民日本経済新聞機械メーカーのヤマト商工(高知県南国市)と高知市消防局は、マンションの中層階などが地震の揺れでつぶれる被害に備えた救助訓練装置を共同開発した。10月に開署する同消防局北消防署の施設に導入する。複数のアルミ製の板を動かすことで、被害後のような空間を再現 ...古文書から紐解く巨大地震発生Xデー 第1弾「南海トラフ」エキサイトニュース南海トラフ地震に備え 空自浜松基地で初訓練中日新聞地震の広域訓練 九州・沖縄8県参加 /熊本毎日新聞all 10 news articles »