チョコレートはサバイバルの必需品

choco0北アルプスで遭難した人がチョコレートで助かったと言う実例や、米軍では兵士に軍用チョコレートを配っているなど、カロリーの面だけでなく、非常の際に甘味やテオブロミンが心身の安らぎをもたらすという意味合いも大きいチョコレートは、非常食の定番です。

エネルギー源である糖質と脂質、さらに鉄や亜鉛、その他ミネラル、食物繊維、抗酸化物質まで含まれている栄養価が高い食品、それがチョコレートです。

糖分は、脳は栄養源なので、非常時に活力を与える効果があります。ただ最大のマイナス点は、熱に弱いので溶けてしまうということです。
ですから、固形チョコレートではなく、液体チョコレートなら溶けてベトベトになってしまうことがないのでおすすめです。

現在では、長期保存可能なチョコレートも多数販売されていますので、できるだけ保存期間が長いタイプのチョコレートを選びましょう。

チューブ入りチョコ

choco固形チョコは夏場には不向きなので、オールシーズンOKな液体チョコがおすすめです。チューブ入りチョコは、

密封容器入りなので携帯に便利です。また、

低温保管の必要がなく、夏でも冬でも柔らかなまま食べれます。非常時には、直接チューブの口から食べれます。
余裕があるなら、ビスケットやクラッカーに塗って食べたり、お湯を注いでホットチョコドリンク(約2杯分)にして飲むこともできます。

賞味期限が3年と長いので、保存にも最適です。

リンクしましょう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

チョコレートはサバイバルの必需品にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*