非常食を揃える

canbre大地震などの災害が起こった場合、家屋の倒壊や火災、さらに道路が破損したりして、交通機関はマヒしてしまいます。

その結果、食料をはじめとした物資の配給や救助活動が滞り、稼働するようになるのに3日から5日ほどかかってしまいます。
その間は自力でなんとかするしかありません。

国や自治体の「防災の手引き」では、食料備蓄の目安として「3日」を推奨しています。

しかし、わずか3日で食料の配給や救助活動が軌道にのる保証はありません。

最低3日、できれば1週間自力で生き抜けるよう、非常食を準備しましょう。

非常食のポイントは「非常食・保存食ガイド」をご覧下さい。

リンクしましょう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

非常食を揃えるにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*