用意の整った避難所で津波対策


hinanjo津波を抑えることは人間の力では不可能です。

しかし、しっかりした対策をしておけば被害は最小限に食い止められるでしょう。

津波への対策として避難所の建設も大切です。
高さが命を救うわけですが、ひどい被害の場合には水が簡単に引かない場合もあります。

周囲はすっかり水で覆われて孤立する危険もあるのです。
避難所に無線装置を設置して置くなら、そんな孤立状態になったとしても当局との連絡は取れますので、必要な救急搬送や食糧支援などを要請することもできるでしょう。

また、津波は冬の寒い時期に来るかもしれません。
避難所に非常用発電機が備え付けてあれば必要な暖を取ることもでき、凍死などの危険を減らすこともできるでしょう。

避難所には非常用の食料も設置したいものです。
どれだけ水が引かないか、救出に来るまで時間がかかるかどうか分かりません。その間に食べておける食料はありがたいものです。

栄養が取れていれば寒さにも耐えやすくなるでしょう。津波への対策として、避難所の設置を進めていきましょう。

リンクしましょう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

用意の整った避難所で津波対策にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*