地震保険について

地震保険はその名の通り、地震によって発生した損失を補償するための損害保険の一つです。地震保険は1966年にできた保険ですが、特に1995年の阪神大震災の発生前までは加入率が下降の一途を辿っていました。

阪神大震災以降、全国各地で大きな地震が多発したこともあり、加入率は上昇に転じ、2011年3月11日に発生した東日本大震災により、大きく注目されています。

今までの地震保険は、他の保険と比べて掛け金が高く補償額が低い、地震保険単独での加入はできず、必ずセットで火災保険に加入しなければならない。
また、地震保険の補償額は被害の状態に応じて変わりますが、建物が一部損壊(20%未満)した状態では、補償額の5%しか支払われない保険も存在するなど、補償が薄く落とし穴も多い保険と捉えている方もいるのが現状でしたが、最近では様々な地震保険が誕生するようになりました。

地震大国日本にとって、地震保険は今後ますます需要が増えていくでしょう。

リンクしましょう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

地震保険についてにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*