地震雲に見る地震の前兆

cloud大地震が起きる前には、特徴的な形をした「地震雲」が発生するなど、様々な異常現象が観測される事が多いということは耳にしたこともあるのではないでしょうか。地震の持つ巨大なエネルギーや、発生する電磁波によって、これらの異常現象が起こるという見方が強いです。

先に紹介した地震雲の特徴としては以下のようなものがあります。
「比較的低い位置に発生することが多い」
「風に流されにくく、長時間形を変えず、なかなか消えない」
「一見すると飛行機雲のような帯状の形をしている」
「雲の流れていく方向で震源の方向を推定することが可能(雲は震源を起点として、震源から逆の方向に流れていく」

雲は身近にあり、観測もしやすいことから、一般の人が研究や観測に参加するという例もあるのです。

一方、科学的には地震と雲の関連はないという見方が強いのですが、事例が多数報告されていることから、関係が皆無と断定はできないという見解も根強く、今後の研究に期待が膨らみます。

リンクしましょう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

地震雲に見る地震の前兆にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*