米に次ぐ備蓄の主食は麺類(乾麺)で

men主食はやはり米が主体ですが、それだけでは飽きますので、第二の主食として麺類(乾麺)の備蓄をおすすめします。
麺類(乾麺)には、ラーメン、蕎麦、うどん、ソーメン、パスタなど様々なものがあります。

麺類の備蓄で最も重要なのは賞味期限です。できるかぎり賞味期限が1年以上のものを選びましょう。

蕎麦(そば)やパスタは賞味期限が長いので特におすすめです。

ちょっとした具材、野菜を入れるだけでかなり満足度が上がりますので、備蓄品に入れておきたいです。

マイナス点は賞味期限があまり長くないものが多いことでしょう。

蕎麦(そば)・うどん・素麺(ソーメン)は、賞味期限が1年以上、長いものだと3年というものが結構ありますので、賞味期限が長いものを選んで備蓄しましょう。

パスタは、賞味期限が1年以上、長いものだと3年というものが結構ありますので、賞味期限が長いものを選んで備蓄しましょう。

 

 

リンクしましょう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
One Comment

米に次ぐ備蓄の主食は麺類(乾麺)でにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*