調味料で味のバリエーションを

salt水と米があればなんとか生きていけます。

しかし、長期間になればなるほど味気なさに嫌になってしまいます。

缶詰やレトルト食品などおかずがあればベストですが、最低限調味料があれば様々な味のバリエーションを加えることができます。

例えば、おにぎり。

まったく味のないおにぎりも悪くはありませんが、これに塩だけ足した「塩おにぎり」の美味しさは誰もが体験したことがあるでしょう。塩があるだけで満足度は全然違ってきます。

調味料の中には賞味期限がないものもありますので、必ず備蓄に加えましょう。

 塩

賞味期限がないので備蓄に最適です。
一度用意すれば期限を気にする必要がないのは嬉しいです。
また塩は、食欲も増進しますので便利で重宝な調味料です。

 砂糖

賞味期限はありませんので備蓄に最適です。
非常時や疲労時に糖分は大切なので砂糖も備蓄しておきましょう。

 醤油、味噌

醤油、味噌は発酵食品なのであまり賞味期限は長くなりませんので、賞味期限には注意しましょう。
賞味期限が近くなったら普段の料理に使うようにして、使った分新しいものを買って備蓄にまわすといいでしょう。

 油

油があると料理の幅が広がりますので、備蓄品に加えておくといいでしょう。

リンクしましょう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

調味料で味のバリエーションをにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*