地震保険・火災保険の申請の仕方

地震が発生し建物に損害が発生し、火災保険とセットで地震保険に加入していた場合は、保険金を受け取ることができます。

ですが、地震保険に加入していなくて火災保険のみの場合は、地震が原因の火災は補償されません。

順に見ていきます。

地震保険・火災保険の補償内容
地震保険は、建物(住宅)と家財を対象にしていますが、災害の種類により補償内容が異なります。

  • 地震が原因の場合
  • 地震を原因とする火災(延焼も含む)
  • 地震による倒壊・破損
  • 津波による流失・倒壊

等のケースで保険が支払われます。

風水害が原因の場合
風害・ひょう害・雪害は補償されますが、水害による損害は補償されません。
ただし、補償範囲が広い総合型の火災保険の場合は、水害も補償対象になる場合があります。

津波による流失や倒壊・浸水は水害とみなされませんので、火災保険のみでは補償されません。

保険金支払いまでの流れ

2,保険会社に連絡する

3,保険調査員による損害調査が行われる

4,必要書類を提出する

5,保険金が支払われる

必要書類

  • 保険証券
  • 建物の所有を証明する書類
  • 印鑑
  • 本人確認書類
リンクしましょう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

地震保険・火災保険の申請の仕方にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*