保険証券・有価証券の再発行の仕方

保険証券の再発行の仕方

地震や火災などで保険証券が焼失したり紛失した場合、各保険会社への再発行の申請手続きをすることで、保険証券をなくしても補償内容が失われることはありません。

各保険会社で再発行手続きに必要なものが異なる場合がありますので、各保険会社または代理店へ問い合わせしましょう。

保険金の受取りも、保険証券を紛失しても、本人確認ができれば保険金を受け取れますので安心して下さい。

被災時に最も大切なのは、被災中であっても保険料の支払いをすることです。
支払いが滞り保険が失効してしまうと、保険金の受取りができなくなる場合がありますので、注意しましょう。

有価証券の再発行の仕方

株券や小切手などの有価証券を紛失した場合、再発行は可能ですが、時間がかかり手数料もかかります。

株券の再発行は、再発行までに最低でも1年間かかります。また手数料は1銘柄につき約1万円ほどかかります。

株券以外の債権・手形・小切手などの有価証券も再発行の手続きをとる必要があります。再発行までだいたい3~4ヵ月ほどかかります。

紛失を防ぐための一つの方法として、「保護預り制度」を利用する方法があります。
「保護預り制度」とは、証券会社が株主に代わって株券を預かり管理するサービスです。

リンクしましょう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

保険証券・有価証券の再発行の仕方にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*