防災用語 ま行

マグニチュード

地震そのものの規模を表す尺度。また、その数値。
通常、震央から100キロ離れた地点にある標準地震計の最大振幅をミクロン単位で測り、その常用対数で表す。
マグニチュードが1増加すると、エネルギーは約30倍増加する。
震度とは異なる。記号M

リンクしましょう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

防災用語 ま行にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*