防災用語 あ行

一時(いっとき)集合場所

避難場所へ避難する前に、近隣の避難者が一時的に集合して様子を見る場所又は避難者が避難のために一時的に集団を形成する場所。
学校のグランド、神社・仏閣の境内等。

一時(いっとき)避難場所

災害時の危険を回避するために一時的に避難する場所。または帰宅困難者が公共交通機関が回復するまで待機する場所。
公園等の敷地内に建造物の無い場所が指定されている場合が多い。

液状化現象

地震の際に地下水位の高い砂地盤が、振動により液体状になる現象。これにより比重の大きい構造物が埋もれ、倒れたり、地中の比重の軽い構造物(下水管等)が浮き上がったりする。単に液状化(えきじょうか)ともいう。また、流動化、流砂現象、噴砂現象ともいう。

リンクしましょう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

防災用語 あ行にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*