広域非難場所と防災公園

park
災害が起きた場合に地域の人々が非難する場所として、自治体によって「広域非難場所」が指定されています。

また、防災機能を持ち、災害時の避難場所や活動拠点となりうる「防災公園」も各地で整備されています。

そんな防災公園の一つであり、特徴的な公園をご紹介します。

厚木市にある、その名も「ぼうさいの丘公園」です。

ぼうさいの丘公園は、アスレチックなどの遊具や水遊びのできる池や噴水など、一般的な公園としての機能も盛りだくさんです。

それに加えて災害時に飲用として利用できる貯水槽や、災害用水栓などの防災設備が配備されています。また、名前にもあるとおり、公園内は小高い丘のようになっています。

公園内のほぼ中心にある小高い丘の上には、辺りを一望できる展望広場があり、この広場は災害時には、ヘリポートとして利用されるということです。

こうした防災機能を持った公園は、都内にも10か所ほどあるなど意外と身近にあります。

いざという時に備えて、今のうちに近くの広域非難場所と防災公園を確認しておきましょう。
そして、非常時にはその近隣の広域非難場所や防災公園で待ち合わせをするよう、家族と打ち合わせをしておくといいでしょう。

リンクしましょう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

広域非難場所と防災公園にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*